AGAの研究は進んでいる|医師に診断してもらおう

男の人

この薄毛は治ります

先生

5αリダクターゼという酵素を多く持つ人は、AGAになりやすいと言われています。名古屋にはAGAを専門とした薄毛外来のある病院が多数あるので、インターネットなどを利用して最寄りの医院を調べてみましょう。また、治療薬には稀に副作用が出る可能性もあるので、医師の指示に従って服用するようにしてください。

フサフサにするためには

医師

まず医療機関で診てもらう

髪の毛の量に対してコンプレックスを感じている人たちもいると思いますが、しっかりと対処をすれば十分に改善をすることができます。発毛をするためには何よりもまずアクションを起こすことが大切です。発毛を進めていく上で最も重要なのはコンプレックスの原因をはっきりとさせることです。原因が分かっている場合と分かっていない場合とでは発毛の効率性が明らかに違ってきます。この原因の究明はインターネット等で調べたくなるかもしれませんが、やはり確実性を考えると専門の医療機関を受診するべきでしょう。基本的には皮膚科でも大丈夫ですが、最近では発毛のための治療を専門に行っているクリニックなども出てきているのでそういったところに行ってみるのもおすすめです。コンプレックスの改善に遅すぎるということはありませんから、気になった場合には一刻も早く病院へまずは行ってみましょう。

新たな原因分子が明らかに

発毛に対する研究が進んだことでさまざまな原因となる要素が明らかになってきています。AGAも最近脚光を浴びるようになった因子のひとつです。AGAとは『男性型脱毛症』の頭文字をとったもので、主に特殊な男性ホルモンがたまってしまうことによって引き起こされるということが分かっています。逆に考えるとこの男性ホルモンの分泌を抑えることができれば確実に発毛をすることができるというわけです。このAGAの治療をする時には一般的な皮膚科よりも発毛専門の病院に行った方がいいでしょう。AGAが発表されてからまだ間もないですが、専門の病院であれば症状を見ただけで一発でAGAだと見抜いてくれるはずです。そして、診断をしてもらったら後は指示に従って治療プログラムを遂行していけば数か月後にはまったく新しい自分に生まれ変わっていることでしょう。

頭皮を強くする

鏡を見る人

抜け毛が増えることで薄毛になるのですが、その進行を改善するためにも日々のケアが大切になってきます。頭皮の状態を整えるためにも育毛シャンプーを使用してみましょう。頭皮に負担をかけずに清潔な状態を保ち、育毛成分を与えることができます。

AGAの治療薬とは

栄養補助食品

大阪ではプロペシアはAGAの治療薬として皮膚科などで処方されます。これは男性ホルモンの分泌を抑えて脱毛を止める働きがあります。飲み始めたら長期に渡って続ける必要があります。これは医療機関でしか購入できません。処方されていない個人輸入のものは品質にバラつきがあります。